全国の修理・買取・キャリア・格安スマホ/SIMまで携帯スマホに関するショップが探せる情報サイト

WWDC2018大予想〜今年はどんな新機種が発表される?〜

WWDC2018大予想〜今年はどんな新機種が発表される?〜

新型iPadの発表から1ヶ月。まだまだ興奮冷めやらぬところですが、あっという間に次のイベントが迫ってきました。
今回は、年に一度の大イベント「WWDC」と、そこで発表が噂される新機種・新ソフトウェアについてご紹介しましょう。

◆目次

そもそもWWDCって何?

WWDCとは、Worldwide Developers Conferenceの略で、日本語に訳すと「世界開発者会議」と言ったところです。

このイベントは、もともとAppleが自社製品を使ったソフトウェアやハードウェアの開発者向けに開いていたもので、新しいOSやソフトウェアの情報が先行して公開されたり、新しいハードウェアが発表されることもあります。予想外の新製品が出てくることもあるので、特に初日の基調講演(キーノート)は要注目です。

では、早速今年のWWDC18で発表が予想されるものをご紹介しましょう。

新型iPad Pro

昨年6月にマイナーアップデートを行ったiPad Pro。

今年3月に発表された廉価版iPadがApple Pencilに対応したことで、その差はかなり縮まっていますが、それだけに今年も6月に新型が発表されるのではと予測されています。

Face IDに対応?

新型iPad Proは、廉価版iPadとの差別化として、昨年iPhoneXで初採用された顔認証機能(Face ID)を採用するのではないかと噂されています。Face IDを採用すれば、ホームボタンに触れることなくシームレスにロック解除できますし、ますます便利になることは必然。

とはいえ、Face IDを搭載すれば、その分画面サイズを拡大するか、ベゼルを削って本体サイズを小型化できる為、ユーザーにとってはメリットも大きいと言えるでしょう。

新CPU A11Xを採用か?

iPad Proは、例年、その直近に発表されたiPhoneのフラグシップ用CPUをベースに、グラフィック性能を強化した物を搭載するのが通例となっています。前回はiPhone7用のA10Fusionプロセッサを改良したA10Xだったので、今年はiPhoneX用のA11Bionicを改良したA11X(仮称)が搭載されるとみて良いのではないでしょうか?

Face IDに対応?

iPhoneXで採用された美しOLEDディスプレイですが、残念ながらiPad Proには採用される可能性が低いようです。これはあくまでも私の予想ですが、恐らくはコストの問題が大きいのではないかと。

現時点で、OLEDは液晶よりも高価ですし、Face IDの搭載が本当ならそれだけで昨年のモデルより原価が上がっていることも考えられますから、無意味に原価を上昇させるパーツを使うことを避けたということなのかもしれません。

新型MacBookシリーズが発表される?

このところ、AppleのMacBookシリーズはWWDCに近い時期にアップデートが行われています。例年通りアップデートされるなら、今年もこの時期に新しいMacBookシリーズが発表される可能性が高いでしょう。
ただし、MacBook Proについては、マイナーアップデートに留まる可能性もあります。

一方、大きく動くと思われるのが、MacBookとMacBook Air。

どちらも、13inchの新モデルが登場するのではないかと、以前から噂されています。ただし、この13inchモデルがMacBookとMacBook Airの両方に登場するのか、それとも両者を統一した新モデルとなるのかまでは不明。
また、最新の報道ではMacBook Airの新型の発売が遅れるとも言われているので、WWDCでは発表のみになるかもしれませんね。

iOSアプリとMacアプリの統合環境は発表されるのか?

ここ数ヶ月で話題になった噂の1つが、iOSアプリとMacアプリの統一について。

現在は、iOSアプリをMac上で使ったり、その逆を行うことはできません。その統一を行うとされていたのが、「マジパン」というコードネームで呼ばれているとされる新機能。しかし、残念ながら、今回のWWDCでは「マジパン」の正式発表はなさそうです。

ただし、国内の有力情報サイト「Macお宝鑑定団」の代表danbo氏がITmediaのYouTube Liveで語ったところによると、チラ見せ程度の発表はあるかもしれないとのこと。開発者にとっては、iOSとMacのアプリを同時に開発出来るのは非常に便利ですから、チラ見せだけでも良いので発表して欲しいものです。

iPhoneSE2が発表される?

海外の認証機関などの情報から、近日中の発売が噂されているiPhoneSE2。この機種の発表が、WWDCに合わせて行われるのではないかという噂も、Web上で見掛けます。

現行のiPhoneSEの発表が2016年3月なので、若干遅いような気はしますが、iPad Proなどと合わせて発表と考えれば納得は行きます。iPhoneSEの後継機種を待っている方は、もう少しだけ待った方が良さそうです。

ただし、国内の有力情報サイト「Macお宝鑑定団」の代表danbo氏がITmediaのYouTube Liveで語ったところによると、チラ見せ程度の発表はあるかもしれないとのこと。開発者にとっては、iOSとMacのアプリを同時に開発出来るのは非常に便利ですから、チラ見せだけでも良いので発表して欲しいものです。

例年通りならライブストリーミングで日本からも視聴できます!

Appleの開催する発表イベントは、一部を除いてライブストリーミングを行っています。これを使えば、日本からもiPhoneやiPad、Macなどを使い、リアルタイムで情報を確認できるので大変便利。

ただし、リアルタイム配信時は翻訳はされないので、全編英語となります。
とはいえ、発表に使われる映像やスライドを見れば言いたいことは何となくわかりますし、国内のメディアが随時情報を配信することが多いので、そちらと合わせてのチェックがお勧めです。

まとめ

「WWDC2018大予想〜今年はどんな新機種が発表される?〜」と題して、今年のWWDCの発表内容について予想してみましたが、いかがだったでしょうか?

WWDCは、一時期ソフトウェア関係の発表に特化していましたが、最近は再びハードウェアの発表もするようになり、一般ユーザーも目が離せないイベントとなりました。特にiPhoneSE2が発表されれば、2010年のiPhone4以来8年ぶりとなるWWDCでのiPhone発表でもあるので、コアなAppleファンの皆さんは感慨深いものがあるのでは?

気になるWWDC18は、2018年6月4日(月)(現地時間)から開催!
今年も見逃せないイベントとなりそうです。

新着記事

PAGE TOP