iPhoneやスマホの修理買取からアップル製品・格安SIM・格安スマホなどモバイルに関するお得な情報をお届けしています。

「QTモバイル」の特徴やおすすめ&注意点・評判などを解説!

九州電力グループの「QTnet」が運営するマルチキャリア対応の格安SIMサービス「QTモバイル」の特徴・料金プラン・おすすめポイントや注意点・評判などを徹底解説していきます。通話料金を気にすることなく利用できる「無制限かけ放題」などオプションサービスも充実のMVNOです。iPhone・iPhoneのセット販売やお得なキャンペーンも開催中のQTモバイルは今もっとも注目の格安SIMブランドの1つです。

◆目次

QTモバイルとは

「QTモバイル」とは、九州電力グループの通信会社「QTnet」が運営する格安スマホ・格安SIM(MVNO)サービスで、NTTドコモ・au・ソフトバンクから回線が選べるトリプルキャリア対応です。QTnetは阿部寛さんのCMでおなじみの光回線サービスのBBIQ(ビビック)や法人向けにはクラウドやデータセンターなどのサービスを提供しています。ちなみにQTモバイルのCMモデルは川口春奈さんです。

九州以外ではあまり知られていなかったQTnetですが、QTモバイルのサービス開始や藤井聡太七段が出演したQT将棋イベントで全国的に有名になりました。

QTnet

QTモバイルの利用回線はドコモ回線(Dタイプ)・au回線(Aタイプ)・ソフトバンク回線(Sタイプ)の3タイプで、データ容量を1GB~30GBの6段階から、SIMコースを「データ+通話コース(音声通話SIM)」か「データコース(データSIM)」のどちらかを選ぶことができます。トリプルキャリアに対応しているのは現在ではmineo(マイネオ)とQTモバイルのみとなっています。

3つのキャリアから選べるは嬉しいことですが、回線タイプごとに料金やオプション・各種手数料などが違うのため複雑過ぎて分かりにくいということもありますので、回線タイプごとにプランや注意事項などをよく理解しておく必要があります。

現在は6GBプランで、ドコモ(Dタイプ)の「データコース」「データ+通話コース」、ソフトバンク(Sタイプ)の「データコース」のみで1年間3GBの料金で利用できるキャンペーンが実施中です(ばり得キャンペーン

通話は「QTモバイル電話」で30秒/15円で利用可能ですが、オプションとして「10分かけ放題」と「無制限かけ放題」があるので通話を多く利用する人でも安心です。

QTモバイルの料金プラン

QTモバイルの料金プランは、「回線タイプ」「SIMコース(データ+通話コース・データコース)」、そして「データ容量プラン(1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GB)」の3つから選ぶ非常にシンプルで分かりやすい料金プランになっています。この3つから選んだプランが「月額料金」となり、毎月のお支払いは「月額料金」+「従量料金(通話・SMS)」+「オプション料金」+「端末代金(セット販売のみ)」となります。

初期費用として契約事務手数料3,000円、SIM発行手数料、そしてSIMカード1枚あたり2円/月のユニバーサルサービス料が別途かかります。

回線タイプ別の料金は、データコースは3タイプとも同じですが、データ+通話コースはソフトバンク回線(Sタイプ)のみ若干割高となっています。

回線タイプ

  • NTTドコモ回線(Dタイプ)
    ネットワーク:NTTドコモ Xi(クロッシィ)およびFOMAエリア
    SIM発行手数料:341円
    データ容量の追加:100MB/200円
    最低利用期間:データコースは利用開始月の末日まで、データ+通話コースは12ヵ月間((12ヵ月-利用月数)×1,000円)
  • au回線(Aタイプ)
    ネットワーク:au 4G LTEおよびau 3Gサービスエリア
    SIM発行手数料:230円
    データ容量の追加:100MB/150円
    最低利用期間:なし(12ヵ月以内のMNP転出は9,500円+2,000円)
  • ソフトバンク回線(Sタイプ)
    ネットワーク:ソフトバンクモバイル3G通信および4G通信エリア
    SIM発行手数料:SIM発行手数料337円
    データ容量の追加:100MB/200円・1GB/1,600円
    最低利用期間:利用開始月の末日まで(12ヵ月以内のMNP転出は9,500円+2,000円)

SIMコース

  • データ+通話コース
    音声通話(SMS付き)+データ通信
    MNP(ナンバーポータビリティ)利用で現在の電話番号をそのまま使うことができます。
  • データコース
    データ通信のみ
    ※AタイプはSMS付き(無料)
    ※Dタイプは「+140円/月」でSMS付き変更可
    ※SタイプのデータコースでのSMSは不可

データコースにSMS機能を付けることで、データ専用SIMで起きることが多い「セルスタンバイ」「アンテナピクト」が起きにくくなります。また、SMS認証が必要なアプリ登録でも利用が可能になりメリットもあります。

料金プラン(ドコモ回線)

データ容量
プラン
データ+通話コース
音声通話SIM
データコース
データ専用SIM
1GB 890円/月
13ヵ月目以降
1,450円/月
700円/月
13ヵ月目以降
800円/月
3GB 990円/月
13ヵ月目以降
1,550円/月
800円/月
13ヵ月目以降
900円/月
6GB 990円/月
ばり得キャンペーン

13ヵ月目以降
2,250円/月
800円/月
ばり得キャンペーン

13ヵ月目以降
1,550円/月
10GB 2,690円/月
13ヵ月目以降
3,250円/月
2,400円/月
13ヵ月目以降
2,550円/月
20GB/月 4,000円/月
13ヵ月目以降
4,200円/月
4,000円/月
13ヵ月目以降
4,200円/月
30GB/月 6,000円/月
13ヵ月目以降
6,200円/月
6,000円/月
13ヵ月目以降
6,200円/月

料金プラン(au回線)

データ容量
プラン
データ+通話コース
音声通話SIM
データコース
データ専用SIM
1GB 890円/月
13ヵ月目以降
1,450円/月
700円/月
13ヵ月目以降
800円/月
3GB 990円/月
13ヵ月目以降
1,550円/月
800円/月
13ヵ月目以降
900円/月
6GB 1,690円/月
13ヵ月目以降
2,250円/月
1,400円/月
13ヵ月目以降
1,550円/月
10GB 2,690円/月
13ヵ月目以降
3,250円/月
2,400円/月
13ヵ月目以降
2,550円/月
20GB/月 4,690円/月
13ヵ月目以降
4,900円/月
4,000円/月
13ヵ月目以降
4,200円/月
30GB/月 6,690円/月
13ヵ月目以降
6,900円/月
6,000円/月
13ヵ月目以降
6,900円/月

料金プラン(ソフトバンク回線)

データ容量
プラン
データ+通話コース
音声通話SIM
データコース
データ専用SIM
1GB 1,140円/月
13ヵ月目以降
1,700円/月
700円/月
13ヵ月目以降
800円/月
3GB 1,240円/月
13ヵ月目以降
1,800円/月
800円/月
13ヵ月目以降
900円/月
6GB 1,240円/月
ばり得キャンペーン

13ヵ月目以降
2,500円/月
1,400円/月
13ヵ月目以降
1,550円/月
10GB 2,940円/月
13ヵ月目以降
3,500円/月
2,400円/月
13ヵ月目以降
2,550円/月
20GB/月 4,890円/月
13ヵ月目以降
5,100円/月
4,000円/月
13ヵ月目以降
4,200円/月
30GB/月 6,890円/月
13ヵ月目以降
7,100円/月
6,000円/月
13ヵ月目以降
6,200円/月

通話・通話オプション料金

QTモバイル電話

QTモバイル「データ+通話」での通話は30秒20円ですが、専用アプリ「QTモバイル電話」もしくは「0037-692」を番号の先頭に付けて発信すると30秒15円で通話が可能になります。
テレビコールや64Kデジタルデータ通信料は30秒36円

専用アプリ「QTモバイル電話」は「App Store(iOS)」もしくは「Google Play(Android)」からダウンロードすることができます。
「QTモバイル電話」アプリは、ガラケー端末ではご利用いただけません。

10分かけ放題

  • 10分かけ放題:850円/月
    法人契約は1,500円/月

専用アプリ「QTモバイル電話」からの電話で、10分以内の国内通話なら何回かけても通話料が無料で利用することができます。10分を超えた通話は15円/30秒。

無制限かけ放題

  • 無制限かけ放題:2,500円/月
    最大6ヵ月間:2,250円/月(キャンペーン期間のみ)
    法人契約は申込み不可

専用アプリ「QTモバイル電話」からの電話で、国内通話なら誰にでも何度かけても通話料が無料で利用することができる「かけ放題オプション」です。「QTモバイル電話」から利用することが条件です。

格安SIMのプレフィックス回線を利用した通話方式で国内通話が無制限でかけ放題があるのは「QTモバイル」だけです。「楽天モバイル」のかけ放題サービスは2018年4月に終了したため。ちなみに自社の電話回線を利用した大手キャリアと同等の無制限かけ放題サービスがあるのは「ワイモバイル」だけです。

アプリ利用や番号の先頭にプレフィックス番号を付ける方法のプレフィックス(中継電話)方式ではQTモバイルのみですが、IP電話方式で無制限かけ放題サービスを提供している格安SIMもあります。「IP電話」は通話の品質が悪く、音声が途切れたりすることがあるので評判はよくありません。

通話オプション(Dタイプ)

  • 留守番電話:300円/月
  • 迷惑電話ストップ:無料
  • 転送電話サービス:無料
  • 割込通話サービス:200円/月
  • 国際電話:NTTドコモの料金に従う

通話オプション(Aタイプ)

  • 三者通話サービス:200円/月
    3人で同時会話ができるサービス
  • 迷惑電話撃退サービス:100円/月
  • 留守番電話:300円/月
  • 転送電話:無料
  • 割込通話サービス:無料
    au VoLTE対応SIMでは利用不可
  • ボイスメール:無料
  • 国際電話:auの料金に従う

通話オプション(Sタイプ)

  • 留守番電話プラス:300円/月
  • ナンバーブロック:100円/月
  • 留守番電話:無料
  • 転送電話:無料
  • 割込通話:100円/月
  • 転送電話:無料
  • 国際電話:ソフトバンクの料金に従う

その他のオプション

  • スマホ安心サポート
  • 安心フィルタリング
  • 端末補償サービス(ワイド)

QTモバイルアプリ(Dタイプ限定)

Dタイプ限定でQTモバイルアプリが利用できます。アプリでは月間のデータ容量の残高確認、高速通信のON・OFFの切り替え、データ容量の追加をすることができます。

データ容量(パケット)の追加

  • ドコモ
    100MB:200円/回
    毎月30回まで
    利用期限:3ヵ月後の末日まで
    購入方法:QTアプリ・電話
  • au
    100MB:150円/回
    毎月最大1Gまで
    利用期限:翌月の末日まで
    購入方法:電話
  • ソフトバンク
    100MB:200円/回、500MB:900円/回、1GB:1,600円/回
    毎月何度でも購入可
    利用期限:3ヵ月後の末日まで
    購入方法:電話

データ(パケット)の繰り越し

当月の余ったデータ容量は翌月に繰り越しすることができます(全タイプ共通)。
追加購入したデータ容量の利用期限は、回線タイプごとに異なるので注意が必要です。

データ(パケット)の通信速度制限

  • ドコモ
    当月のデータ容量がゼロ、もしくはアプリから高速通信をOFFにした場合は最大200kbpsの速度制限
    直近3日間で366MB以上(300万パケット相当)の通信量を超えた場合も最大200kbpsの速度制限
  • au
    当月のデータ容量がゼロ、もしくは直近3日間で通信量が6GBを超えた場合
  • ソフトバンク
    連続する3日間(計測時間 00:00:00~23:59:59)でプラン毎に規定された通信量を超えた場合(1GB/360MB、3GB/500MB、6GB/800MB、10GB/2GB、20GB/3GB、30GB/4GB)

QTモバイルの新規契約・機種変更・解約

QTモバイルの新規申込み

QTモバイルの新規・他社乗り換え(MNP)の申込みは、QTモバイル公式ページからのWeb申込みか、公式ショップ「QTモバイルショップ」での店頭申込みが可能です。

申込み後すぐに利用したい場合は、店舗での申込みのみになります。店舗での申込なら「SIMカードのみ」もしくは「SIMカード+端末」が当日中に利用可能です。Web申込みの場合は、SIMカード(端末含む)はご自宅への郵送となり到着まで4~10日ほどかかります(SIMタイプ、回線タイプ、審査状況で変わります)。

18歳未満の方はお申込みは不可ですが、未成年(18歳、19歳)の場合は親権者同意書の提出で契約が可能となります。
QTモバイルの申込みには同時に会員登録(BBIQメールプラン)がされて、BBIQ会員IDが発行されます(BBIQメールプランは月額200円ですがQTモバイル利用の場合は無料)。

お支払い方法

すでにBBIQのサービス(BBIQ光インターネットかBBIQ光テレビ)をご利用の人で、お支払い方法が「口座振替」ならそのまま口座振替で利用することができます。

新規申込みの人は「クレジットカード」のみとなります。
※デビットカードは不可。

初期費用

  • 新規契約事務手数料:3,000円
  • SIM発行手数料:341円(ドコモ)、230円(au)、337円(ソフトバンク)、

申込みに必要なもの

QTモバイルの申込みには以下が必要となります。

  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
    ※MNP利用の方のみ
  • BBIQ ID
    ※BBIQ会員の方のみ

QTモバイルの機種変更

プラン変更(データ容量)

「1G/月から3G/月」などのプラン変更は、毎月25日までにQTモバイルお問合せ窓口への電話で可能です。変更手数料は無料ですが、月1回のみです。

コース変更(SIMタイプ変更)

「データコースからデータ+通話コースへの変更」などのコース変更は、解約→新規契約となるためSIM発行手数料がかかります。

データ+通話コースへの変更には本人確認書類の提出、その逆でデータ+通話コースからデータコースへの変更には期間や条件によっては解約時と同等の手数料がかかります。

毎月25日までにQTモバイルお問合せ窓口への電話連絡のみで可能です。

回線タイプ変更

「DタイプからAタイプへの変更」などの回線タイプ変更は、一旦解約扱いとなるため契約事務手数料(3,000円)、SIM発行手数料(ドコモ341円・au230円・ソフトバンク337円)がかかります。音声通話SIMをご利用の場合には契約解除料や各タイプごとのMNP転出手数料が別途かかってしまいます。

SIM発行手数料

コース変更・追加・サイズ変更・紛失でSIMカードを発行する場合は以下の手数料がかかります。

  • 発行手数料:2,000円
  • SIM発行手数料:341円(ドコモ)、230円(au)、337円(ソフトバンク)、

SIMカードのサイズ変更の場合は切り替え期間中(新しいSIMカードが到着するまで)は利用できません。

QTモバイルの解約

QTモバイルの解約は電話のみの受付となり、ネットや店頭から申込みことはできません。
QTnetお客さまセンターQTモバイルお問合せ窓口(0120-986-008)

QTモバイルの「最低利用期間」「契約解除料」「MNP転出手数料」が回線タイプによって異なるので注意しましょう。

  • ドコモ(Dタイプ)
    データコースは利用開始月の末日まで(契約解除料なし)
    「データ+通話コース」は1年間(利用開始月を含む12ヵ月)、契約解除料:(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円、MNP転出手数料:3,000円
  • au(Aタイプ)
    最低利用期間なし
    利用開始月を含む13ヵ月以内のMNP転出は11,500円(それ以降は2,000円)
  • ソフトバンク(Sタイプ)
    利用開始月の末日まで
    利用開始月を含む13ヵ月以内のMNP転出は11,500円(それ以降は2,000円)

最低利用期間内で解約した場合、Dタイプなら経過期間に応じた契約解除料がAタイプとSタイプなら9,500円が「契約解除料」として電話番号1つごとにかかります。また、MNP利用での解約の場合は「MNP転出手数料」としてDタイプは3,000円、AタイプとSタイプなら2,000円が別途でかかります。

QTモバイルの販売店舗

QTモバイルの販売店には公式ショップである「QTモバイルショップ」が福岡県に2店舗、熊本県と鹿児島県に1店舗ずつあります。公式ショップ以外にも一部の「パソコン工房」が「QTモバイル サポート店」になっていますが、取扱いサービスは初期設定や有料サポートのみで新規の申込みや契約変更などの手続き業務には対応していません。初期設定サポート店舗なので、契約後のSIMカードがある状態で来店する必要があります。

QTモバイル公式ショップは九州に4店舗しかありませんが、ショップでは「SIMカードのみ」もしくは「SIMカード+端末」での新規・他社乗り換え(MNP)の申込みを当日開通・当日受け渡しで契約することができます。また、機種変更も店舗にて可能で、端末の実機体験やアクセサリーの購入もできますが、解約や契約内容の変更、スマホ端末の修理などの受付もできません。QTモバイルでは週末限定「出張店舗」もやっています。

新規お申込み(来店時)には「本人確認書類」「クレジットカード」が必要です。他社から乗り換え(MNP転入)の場合はMNP予約番号(事前にキャリアでの手続きをして「MNP予約番号(有効期限が12日以上)」)が必要になります。
来店前にはスマホからできる「WEB受付順番予約」が便利です。

WEB受付順番予約

QTモバイルのスマホ端末

QTモバイルのiPhone

QTモバイルではiPhoneも販売しています。取扱いはメーカー認定整備済みの「iPhone6s」と「iPhone SE」のみとなります。どちらもSIMフリー版なのでドコモ・au・ソフトバンク回線タイプで利用することができます。Apple SIMが挿入済みの「iPad Air2」の販売もあります。Apple SIMはAppleと契約することで世界180以上の国と地域でデータ通信が利用できるSIMカードです。

Apple認定整備済み製品なのでAppleでの1年間のハードウェア保証が付いています。また、「Apple Care+ for iPhone」にも加入することができます(端末購入後30日以内)。iPhone・iPadともにau回線タイプではテザリングの利用はできません。

また、こちらもメーカー認定整備済みですが「iPad Air2」も販売しています。

QTモバイルの格安スマホ

  • HUAWEI nova 3
    HUAWEInova 3
    (ドコモ)
    一括 49,680
    分割払い 1,375円×24回
  • SHARP AQUOS sense plus SH-M07
    SHARPAQUOS sense plus SH-M07
    (ドコモ/au)
    一括 44,400
    分割払い 1,850円×24回
  • HUAWEI P20 lite
    HUAWEIP20 lite
    (ドコモ/au)
    一括 31,200
    分割払い 1,300円×24回
  • ASUS ZenFone 5
    ASUSZenFone 5
    (ドコモ/au)
    一括 49,680
    分割払い 2,070円×24回
  • MOTOROLA moto E5
    MOTOROLAmoto E5
    (ドコモ/au)
    一括 18,000
    分割払い 750円×24回
  • HUAWEI P20
    HUAWEIP20
    (ドコモ)
    一括 64,800
    分割払い 2,700円×24回
  • SHARP AQUOS sense lite SH-M05
    SHARPAQUOS sense lite SH-M05
    (ドコモ/au)
    一括 33,000
    分割払い 1,375円×24回
  • HUAWEI nova lite 2
    HUAWEInova lite 2
    (ドコモ)
    一括 23,760
    分割払い 990円×24回

おすすめポイント

  • トリプルキャリア対応だからiPhoneもそのまま使える!

    トリプルキャリア対応のQTモバイルならキャリア契約でお持ちのiPhoneを端末に合わせたタイプで契約すれば、面倒で費用がかかるSIMロックの解除などを行わずにそのまま使うことができるのでとても便利です。また、iPhone以外でも利用端末や使用頻度に合わせて回線タイプを選ぶことができるのがメリットですね。

  • 無制限かけ放題オプションで電話をたくさん使う人にはおすすめ!

    「QTモバイル電話」アプリを使うことで、月額2,500円で0120、0800、0570などのフリーダイヤルで発信できない一部の番号を除いた国内通話の全てが、時間を気にせずかけ放題となります。現在、スタートキャンペーン中で2019年3月31日までに申込むと最大6ヶ月間は月額2,250円で使用できるので、電話をたくさん使う人にはおすすめの格安SIMです。

  • QTアプリでデータ容量の節約や有効活用ができる!

    ドコモ回線限定で利用できるQTアプリで、普段のメール確認やLINEツイッターなど低速モードで十分の時は高速モードをOFFにしておけば、データ容量を節約することができます。YouTubeなど動画サイトを見る時だけ高速モードをONにすればストレスを感じることなく動画視聴をすることができます。

  • BBIQユーザーならキャッシュバックもある!

    BBIQ光インターネットやBBIQ光テレビ、BBIQモバイルルーターのユーザーがQTmobileを契約をする際、対象端末を購入すると代金の一部をキャッシュバックされ、「QTモバイル端末」「BBIQ特選ショップ」の商品購入の際に差し引いて利用することができます。

    また、全ての支払いをまとめることができるので管理がしやすくなるメリットもあります。支払い方法に口座振替を利用していれば、そのままQTモバイルでも口座振替となります。

注意点

  • 3キャリアの回線タイプごとに異なるサービスに注意!

    例えば、データコースのSMS機能の場合、AプランはSMS込みの料金、Dプランは別途料金が発生、Sプランは機能そのものが追加できない、など3キャリア対応で便利な反面、1つのサービスに対してAプランは利用できてSプランは使えないや料金が違うなどといった混乱しやすいというデメリットがあります。しっかりと確認をすることが大切になってきます。

  • 家族や友人間で利用できるデータシェアがない!

    多くの格安SIMで提供がある家族や友人などでデータ容量を共有することができるいわゆる「データシェア」や余ったデータ容量を送ることができるいわゆる「データギフト」といったデータをシェアするサービスがQTモバイルにはありません。しかし、今後ファミリー向けプランなどが提供されることもありえます。

  • Aタイプ・Sタイプは速度切り替えやバースト機能が使用できない!

    QTアプリで通信速度の切り替えができるのはドコモ回線のDタイプだけです。また、速度制限時のバースト機能もDタイプのみとなっています。

    そのため、AタイプとSタイプはデータ通信の使用量が超過して低速通信にならないように注意する必要があります。

  • Sタイプ(ソフトバンク)でセット購入できるのはiPhoneしかない!

    QTモバイルから販売中の格安スマホやiPhoneでSタイプ(ソフトバンク)で購入できる端末は「iPhone」か「iPad」しかありません。Dタイプ(ドコモ)ならiPhoneはもちろん、最新の「HUAWEI nova3」をはじめ多くの格安スマホ、タブレットならiPadや「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」を購入することができます。

  • 実店舗は九州地域のみ!

    九州電力グループの通信会社「QTnet」が運営しているため、いまのところ、実店舗が九州地域にしかないので、九州以外の方は対面サポートを受けにくいということがあります。しかし、申込みができる公式ショップも4店舗しかないので、どちらにしても対面サポートはあまり期待できません。

キャンペーン

  • ばり得キャンペーン

まとめ

今回は九州電力グループの「QTnet」が運営する「QTモバイル」について解説していきました。

3キャリア対応なので、どのキャリアの人でも今のiPhoneを使いたいならおすすめ格安SIMと言えます。また、月額2,500円と少しお高いですが「無制限かけ放題オプション」で時間や料金を気にすることなく通話を利用できることが大きな魅力です。

九州地域以外の人だとQTnetの知名度は低いですが、充実のサービスとお得なキャンペーンが開催中の「QTモバイル」はかなりおすすめの格安SIMと言えます。

新着記事

PAGE TOP