全国の修理・買取・キャリア・格安スマホ/SIMまで携帯スマホに関するショップが探せる情報サイト

同じようで意外と違う~ドコモ・au・ソフトバンク(大手キャリア)のiPhone下取りプログラムについて解説!

「新しいiPhoneが欲しいけれど、少しでも安く買いたい」
「機種変更すると古いiPhoneが不要になるから、どうにか換金できないか?」
今回は、そんな皆さんにお勧めしたい、各キャリアの下取りサービスをご紹介します。

◆目次

NTTドコモのiPhone下取り

まずは、NTTドコモの下取り(買取)サービスを、内容や申し込み方法別に見ていきましょう。

実店舗ではその場で下取りが基本

ドコモで新しいiPhoneを購入する場合、以下の店舗であれば(一部のケースを除き)その場で下取りをして貰えます。

  • ドコモショップ
  • ドコモ取扱店

店頭で新しいiPhoneの購入と同時に申し込んだ場合、古いiPhoneをその場で検品して、下取り金額を提示してくれるので、手続きも非常に簡単。金額に納得できれば、その場で下取り金額分のポイントを発行して、新しいiPhoneを値引きすることが可能です。

多くの方は、新しいiPhoneを店頭で購入されるでしょうから、その点では非常にわかりやすく、手間も少ない方法と言えるでしょう。

オンラインショップは宅配対応が基本

ドコモの下取りサービスは、ドコモオンラインショップ経由でも利用することが出来ます。

ただし、こちらの場合、郵送での宅配下取りとなるので注意が必要。
宅配下取りでは、古いiPhoneを所定の窓口へ送り、後日査定が完了してから金額に応じたポイントが発行される仕組みになっています。よって、機種変更と同時に値引きを行うといったことは出来ません。その場で値引きして欲しいという方は、実店舗を利用する方が良いでしょう。

他キャリアやApple直販のiPhoneへの対応は?

記事執筆時点では、ドコモ以外のキャリアやAppleから販売されたiPhoneも、下取りの対象となっています。買取金額も殆ど変わらないので、他キャリアから乗り換えるという方も安心して良いでしょう。

auのiPhone下取り

続いては、auの下取りサービスについて見ていきます。前述のドコモとは若干違いがあるので、気を付けてくださいね。

実店舗はその場で下取りと宅配下取りを選べます

auではiPhoneの下取りを依頼する場合、実店舗なら以下の3つから選ぶことになります。

  • auショップ
  • PiPit
  • au取扱店(UQスポット含む)

なお、一部のauショップとau取扱店については、店舗での下取りに対応出来ないお店もあるようです。店頭で下取りを希望する場合は、出掛ける前にお店に電話で聞いてみるのが良いでしょう。

申し込み方法は、店頭ならNTTドコモと同様、新機種購入と同時に下取りに出し、新しいiPhoneの機種代金値引きに使うのが基本。もちろん、値引きをせず、「下取り金額分のau Walletポイント」を受け取り、後日アクセサリ類の購入に使ったりすることも出来ます。

また、MNPで他社から乗り換える場合は、古いiPhoneの下取り金額を24回に分割して、毎月の料金の値引きに充てる方法も選べるので、新しいiPhoneの購入価格によっては、こちらを選択するのもアリでしょう。

オンラインショップは宅配下取りのみ

一方、オンラインショップの場合は、NTTドコモと同様で宅配下取りとなる為、店頭のように新機種購入時の同時下取りで値引きを受ける事はできません。ただ、値引きよりポイント還元の方が良いという方なら、全て自宅で完結できるオンラインショップは便利です。

気になる下取り対象機種は?

下取り対象の機種は、記事執筆時点では店頭・オンラインショップともにiPhone4s以降のiPhoneで、他社扱いの物も一定の条件の下、下取りが可能です。MNP乗り換えの方は、こちらのサービスも是非利用してみてくださいね。

ソフトバンクのiPhone下取り

ソフトバンクの下取りサービスは、機種変更か、他キャリアからの乗り換え(MNP)かにより対応が異なります。順番に見ていきましょう。

他社乗り換え(MNP)の場合

MNPで他キャリアからソフトバンクへ乗り換える場合、対象機種を下取りに出すと、最大24回まで、毎月の通信料金が割り引かれます。

ソフトバンク内での機種変更の場合

機種変更時の下取りの場合は、毎月の通信料金の割引(最大24回)割引に加え、ソフトバンクカードへのプリペイドチャージが行われます。通信料金の割引のみ・プリペイドチャージのみといった施策は他キャリアでも見掛けますが、両方というのは珍しいのではないでしょうか?

下取りに出す方法は店頭と宅配の両方を選べる

ソフトバンクでは、オンラインショップからは宅配下取りのみとなりますが、実店舗の場合は、店頭での下取りと宅配下取りの両方から選ぶことが可能です(一部の店舗は宅配下取りのみ対応)。他キャリアと異なり、ソフトバンクは新機種購入時にその場で下取り金額分を値引きする施策は行っていないので、ご自身の都合に合わせて、好きな方を選べば良いでしょう。

iPhone下取りサービス利用の注意点

ここからは、ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリア共通の注意点についてご紹介します。

下取りに出す前にデータのバックアップや移行処理を行っておく

店頭ですぐに下取りしてもらう場合、当たり前ですが、古いiPhoneを持ち帰ることは出来ません。よって、お店に出掛ける前に、古いiPhoneのデータをバックアップしたり、LINEや各種ゲームなどのアカウントの移行処理を行っておく必要があります。ガラケー時代と異なり、iPhoneのデータ移行はユーザー側で対応しなくてはなりません。

また、アプリの操作についても、各キャリア提供のアプリを除き、ショップの店員さんは対応してくれないことが殆どです。ゲームなら最悪データが消えてしまっても諦めがつきますが、LINEのように消えたら絶対に困るようなデータもあるので、移行作業は超重要です。事前にしっかりと作業を行っておくようにしましょう。

キャリアの下取りサービスより中古買取業者の方が高い査定になることもある

これはキャリアの下取りに限りませんが、iPhoneの状態や付属品の状況によっては、下取りに出すよりも中古業者へ売却した方がお得なケースもあります。特に以下の条件が揃っている場合、一度中古買取業者に査定してもらうのも1つの方法です。

  • 故障や不具合がない
  • 比較的新しい世代のiPhone
  • 付属品が全て揃っている
  • 本体に傷や汚れが少ない
  • 機種代金を全額支払い済み

iPhoneは他社製品のスマホと比べて中古買取価格が高くなる傾向にあるので、下取り以外の方法も検討してみると良いですよ。

ただ、付属品が欠品していたり、イヤホンや充電器を手許に残しておきたいといった場合は、キャリアの下取りサービスの方が高値となることもあります。買取と下取り、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあるので、ご自身のニーズに合わせた方法を選ぶのがオススメです。

まとめ

「意外と違う?大手キャリアのiPhone下取りプログラムについて調べてみた」と題して、大手キャリアの下取りプログラムをご紹介した今回の記事、みなさんいかがでしたか?

昔は下取りサービスというと大型家電や車などをイメージしがちでしたが、今は下取りといえばiPhoneなどをイメージする方も多いのでは。下取りにせよ、買取にせよ、賢く使いこなせば家計を助ける大きな味方となります。特に、夫婦やお子さんと一緒に暮らしている方は、家計全体に対する影響度も結構大きいので、次回の機種変更時はぜひこの制度を活用してみてくださいね。

なお、記事中でご紹介した各社の下取りプログラムの内容等は、記事執筆時点のものです。
今後、サービス内容が予告なく変更されることもあり得るので、サービス利用の際は各キャリアのHPやショップなどで、最新の情報を必ず確認して頂くようお願いいたします。

新着記事

PAGE TOP