全国の修理・買取・キャリア・格安スマホ/SIMまで携帯スマホに関するショップが探せる情報サイト

格安SIMのエントリーパッケージで初期費用を抑える方法。その理由やオススメ商品を徹底解説!

月々の携帯料金をグッと抑えることができる格安SIMですが、どの格安SIM業者と契約する際でも約3000円程度の初期費用が発生してしまいます。
この記事では、そんな格安SIMの初期費用を割安にすることができる格安SIMのエントリーパッケージ購入について解説していきます。

◆目次

格安SIMのエントリーパッケージとは?

格安SIMのエントリーパッケージとは、一言で言えば「格安SIMを契約する前の整理券」のようなものです。

エントリーパッケージは、amazonなどのネットショップにて各格安SIM業者ごとに分かれて販売されており、その多くは1,000円以内で購入することが可能です。

なお、エントリーパッケージのほとんどにはSIMカードやその他機器は同梱されていません。エントリーパッケージには、その後の手続きで利用できるエントリーコードが記載されているだけなのです。

格安SIMを通常ルートで購入・契約する場合と、エントリーパッケージを利用する場合のざっくりとした流れの違いは以下の通りです。

通常ルートでの流れ

  1. 契約する格安SIM業者の決定
  2. 格安SIMの購入・申込みを行う

エントリーパッケージを利用する場合の流れ

  1. 契約する格安SIM業者の決定
  2. 希望の格安SIM業者のエントリーパッケージを購入
  3. エントリーパッケージに記載されているエントリーコードを用いて格安SIMの購入・申込みを行う

やや掴みにくいかもしれませんが、普通の方法で申し込む前の段階で専用のチケットを購入する、といったイメージを持っておけば大丈夫です。

格安SIMのエントリーパッケージを購入するメリットは?

先程ご紹介した2つの流れを見ると、エントリーパッケージを購入する分、後者の方が余計に費用がかかってしまうと感じるかもしれません。もしそうであれば、エントリーパッケージを購入する必要は全く無いのですが、実はエントリーパッケージにはお得な特典が付与されているのです。

具体的に、主要の格安SIM業者がamazonにて発売しているエントリーパッケージとその料金、付与されている特典を見てみましょう。

エントリーパッケージ名 価格 特典
マイネオ
エントリーパッケージ
460円 申し込み時の事務手数料3,000円が無料
LINEモバイル
エントリーパッケージ
900円 登録事務手数料3000円が無料
IIJmio SIM
音声通話パック みおふぉん
640円 申し込み時に発生する初期費用3000円が無料
BIGLOBEモバイル
エントリーパッケージ
500円 申し込み時の手数料3000円が無料

上図にあるエントリーパッケージの価格や特典は、時期によって変動する可能性があります。あくまで目安として捉えて下さい。

注目すべきは、どのエントリーパッケージにも共通している「3,000円割引」です。
SIM業者によって表現が微妙に異なりますが、新たに格安SIM業者と契約する場合、一般的には約3,000円程度の初期費用が発生します。

3,000円の初期費用を無料にすることができる。

これがエントリーパッケージを事前に購入することのメリットなのです。

エントリーパッケージを購入することで、具体的にどれ位の費用が浮くの?

それでは、業界大手の格安SIM業者である「みおふぉん(IIJmio)」のエントリーパッケージを例にとり、実際にどれだけの費用を節約できるのかを見ていきましょう。
今回例にとるのは、先程も少しだけ例に挙げたamazonにて限定販売されている「IIJmio SIM 音声通話パック みおふぉん」です。
※amazonでの販売価格・情報は2018/5/1時点

販売価格 600円(税抜き)
送料 無料
種類 申し込みパッケージ
パッケージ概要
  • パッケージ記載のエントリーコード利用でIIJmioの各プランを契約する際の初期費用3000円(税抜)が無料に。
  • テータ通信+音声通話、データ通信専用の各プランにて利用可能。
  • 格安SIM(IIJmio)利用の基本料金、通話料等はパッケージ価格に含まれていない。

上図にあるように、エントリーパッケージに記載されているエントリーコードを利用することで、通常の契約時に必要となる手数料3,000円が無料となります。パッケージ自体の金額との差額を踏まえると、2,400円分(税抜)の費用が節約されるという訳です。

なお、IIJmioのこのエントリーパッケージでは、音声通話プランの契約にも対応しています。格安SIMの契約プランは、データ通信+音声通話の一般的なプランと、データ通信のみのプランの2つに大別することができます。
エントリーパッケージによっては、「データ通信単独のプランだけで利用可」といった種類のものもあるので注意しましょう。

おすすめのエントリーパッケージは?

それでは、最後に、ここまでで登場していないおすすめの格安SIMエントリーパッケージを幾つかご紹介します。
なお、それぞれのパッケージは、どれも初期手数料が無料になる点は共通しています。

【nuroモバイル エントリーパッケージ ドコモ/ソフトバンク対応SIMカード 全プラン対応】

パッケージ価格 1,071円
(2018/5/1 時点での税込みamazon価格)
対応格安SIM業者 nuroモバイル
対応プラン
  • データ通信+音声通話
  • データ通信単独
  • データ通信+SMS
※契約する回線によっては利用できないプラン有
初期手数料の節約金額 約 2,000円

【BIGLOBE UQ mobileエントリーパッケージ(データSIM専用)iPhone/Android共通・au対応】

パッケージ価格 500円
(2018/5/1 時点での税込みamazon価格)
対応格安SIM業者 UQ mobile(UQモバイル)
対応プラン
  • データ通信単独
初期手数料の節約金額 約 2,500円

【ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通】

パッケージ価格 1,580円
(2018/5/1 時点での税込みamazon価格)
対応格安SIM業者 Y!mobile
対応プラン
  • データ通信+音声通話
  • データ通信単独
  • データ通信+SMS
※契約する回線によっては利用できないプラン有
初期手数料の節約金額 約 1,500円

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました!

記事の中で何度もお伝えしたように、格安SIMのエントリーパッケージを購入すれば、通常よりも初期費用を抑えて格安SIMと契約することが可能です。通信費を抑えられるのが格安SIMのメリット。どうせなら出来るだけ出費を抑えて利用を開始したいものです。

amazonの販売サイトでは、ここで紹介した以外にも様々なエントリーパッケージが販売されています。気になった方は、是非ともチェックしてみて下さいね。

新着記事

PAGE TOP