全国の修理・買取・キャリア・格安スマホ/SIMまで携帯スマホに関するショップが探せる情報サイト

海外用の格安SIM(海外用プリペイドSIM)はどうやって使うの?料金や手順などを徹底解説!

グーグルマップやおすすめ観光スポットの検索など。月単位での滞在ではもちろんのこと、海外旅行においても、携帯できる通信機器はもはや必須アイテムとなっています。
この記事では、海外用の格安SIM(海外用プリペイドSIM)について解説していきます。購入方法やその料金。実際に使うまでの手順など。海外旅行を計画している方は是非ともご覧ください!

◆目次

海外用の格安SIMを購入する方法は?

海外用の格安SIMを購入するためには、大きく分けて以下の2通りの方法があります。

  • 国内の格安SIM業者で販売されている格安SIMを購入
  • 海外の通信会社にて販売されている格安SIMを購入

マイネオや楽天モバイルなど。国内の主要格安SIM業者では、そのほとんどが海外用の格安SIMを取り扱っています。

また、海外の通信会社でもプリペイドタイプの格安SIMは販売されています。
ただ、申し込みから購入までのやり取りを日本語以外で行う必要があり、購入・契約にパスポートの提示が必須など、実際に使い始めるまでに面倒な手続きを踏む必要があります。また、設定に関するサポートも日本語以外なので不便です。

この記事では、国内の格安SIM会社が提供している海外用格安SIMサービスについて触れていきます。

海外用の格安SIMってどんなもの?

プリペイド形式で決まったデータ量をあらかじめ購入する

国内で販売されている海外用格安SIMは、基本的に先払いで一定のデータ量を購入しておくプリペイドカード形式です。長期滞在をする方などでは、海外用Wi-Fiルーターをレンタルする方がお得なケースもあります。
しかし、使用するデータ量が限られている短期の海外旅行においては、海外用プリペイドSIMの方がお得になるケースがほとんどです。

普段使っているスマホでも利用できるの?

海外用格安SIMは、国内の普通の格安SIMへ乗り換える際と同じように、お手持ちのスマホに挿入して使うことができます。ただ、機種や対応周波数によっては利用できないケースも存在します。
普段のスマホで海外用格安SIMを利用する際の注意点は以下の通りです。

  • SIMロック解除を行う(SIMフリーのスマホであれば不要)
  • 対応する周波数を確認する

外用の格安SIMを利用する場合、SIMフリーのスマホを用意する必要があります。

国内の格安SIMを契約した時にSIMフリーの格安スマホを同時購入している方など、既にSIMフリーのスマホを持っている場合は問題ありません。しかし、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアと契約している方は、まずはSIMロックの解除を行う必要があります。また、利用する海外用格安SIMの周波数帯と、端末側の対応周波数帯が合っているかを確認することも必要です。
それぞれの周波数については、海外用格安SIMの販売サイトやキャリアの公式サイトにて簡単に確認することができます。

おすすめの海外用格安SIMとその料金は?

それでは、海外用格安SIMがどれ程の料金で利用できるかの確認も踏まえ、おすすめの海外用格安SIMについて幾つかご紹介していきます。

楽天モバイルの海外用格安SIM

楽天モバイルでは、30MBのデータ量があらかじめ付与されている海外用格安SIMが販売されています。格安SIM本体の購入と併せ、必要なデータ量に併せて各種プランに加入すればお得な料金で利用することができます。

具体的な料金体系は以下の通りです。なお、オプションプランはデータ通信のみ利用するプランと音声とSMSを利用するプランの2つに分かれています。

プリペイド格安SIMカード本体の料金

  • SIMカード代金:3,000円(税別)
  • 特典:30MBのデータ通信付き

地域別パック(データ通信)

50MB
有効期限:7日間
200MB
有効期限:7日間
500MB
有効期限:30日間
ヨーロッパ 820円 1,930円 3,850円
北アメリカ 880円 2,040円 4,240円
アジア 1,040円 2,310円 4,950円

地域別パック(通話+SMS)

通話100分 SMS100通
有効期限:7日間
通話300分 SMS300通
有効期限:30日間
ヨーロッパ 3,190円 7,150円
北アメリカ 4,290円 9,680円
アジア 4,070円 9,020円

上に挙げた地域別パックの他にも、金額を指定してデータ容量をクレジット購入することも可能です。海外用SIMカードは、楽天モバイルショップや海外SIM取扱店で購入できます。
※ハワイは通話(2G音声)のみご利用可能です。(データ通信は利用不可)
各パックの対象国や詳しい情報については公式サイトを確認してみましょう。

マイネオ(mineo)の海外用格安SIM

マイネオの海外用格安SIMでは、3,000円(税抜)で海外用格安SIM本体を購入することができます。データ量ごとの料金プランは以下の通りです。
なお、マイネオの海外用格安SIMはデータ通信のみに対応しており、通話には対応しておりません。

プリペイド格安SIMカード本体の料金

  • SIMカード代金:3,000円(税別)
  • 特典:30MBのデータ通信付き

データパックチャージ(データ通信のみ)

30MB 100MB 500MB 1GB
料金(税抜) 650円 1,480円 5,480円 9,800円

※中国・香港・台湾・韓国・タイ・アメリカ・ヨーロッパの主要国で利用可、国・地域をまたぐデータ容量の引継ぎはできません。

マイネオ海外用格安SIMも楽天モバイルと同じく、金額を細かく指定してデータ容量をクレジット購入(チャージ)することも可能です。詳しい情報については公式サイトを確認してみましょう。

IIJmio(みおふぉん)の海外用格安SIM

安定して通信速度やお得な料金プランで、格安SIM業者の中でも人気が高いIIJmio(みおふぉん)でも海外用格安SIMを取り扱っています。

SIMカードの本体価格は、その他業者と同じく3,000円(税抜)です。
IIJmioでは、データ通信のみと音声通話付きの2種類のプランが用意されています。最初のデータ量を使い切ってしまった後は、100MB・500MBごとに追加(リチャージ)することが出来ます。

プリペイド格安SIMカード本体の料金

  • SIMカード代金:3,000円(税別)

スタートパック

データ専用 データ+SMS+音声
データ容量 500MB 500MB
有効期限 スタートパック購入時点から14日間
通話時間 - 30分
SMS - 25通

リチャージ(追加時の料金プラン)

データ
100
データ
500
音声付き
100
音声付き
500
データ容量 100MB 500MB 100MB 500MB
有効期限 1日 14日 1日 14日
通話時間 - - 6分 30分
SMS - - 5通 25通

※アメリカ・ヨーロッパ・アジア・オセアニアの主要国で利用可、毎月最大10回まで購入ができます。

詳しい情報については公式サイトを確認してみましょう。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました!

海外でデータ通信を行う場合、国内キャリアの海外用オプションプランを使う方法や、空港などで海外用Wi-Fiルーターをレンタルする方法も考えられます。ただ、これらの方法だと、結果的に費用が高くついてしまうケースもしばしば。

一方、この記事で紹介してきたプリペイド形式の海外用格安SIMなら、お得な料金で安心して利用することが可能です。海外旅行や短期留学を控えている方は、是非とも海外用格安SIMを試してみてはいかがでしょうか?

新着記事

PAGE TOP